コラム

ツールド北海道

こんにちは♪ 北海道土産・観光@情報源です。


今年も9月13日から18日にかけてツールド北海道が開催されました♪


スポーツニュースでもあまり報道されないためか
知名度はそれほどないように感じられますが、
開催される年のコース沿道の市町村は結構騒ぎになります。

これでも立派な国際大会なんですよ!
ツールド北海道は日本で一番規模の大きいロードレースです。

1プロローグ、6ステージで行われる過酷なレースで、
海外招待選手も含め連日トップゴールを目指して激しいレースが行われます。


大掛かりな交通規制になり、沿道には応援の見物人が多く現れ、旗を振ってと・・


自転車のロード・レースは、平地でも平均時速40km以上の速さ。
しかも集団で疾走することが多いので、沿道ではほんの一瞬しか見ることができません。

しかしその「スピード感」が大きな特徴だし、面白さの原点です。


ツールド北海道は残念ながらTV中継で競技を見ることはできませんが、

最終日のクリテリウム(市街地や公園内の周回コースで行われるロード・レース)では、

競技展開の解説を聞きながら、選手たちを何度も間近に見ることができます。
臨場感が高まり、理解度・楽しさも倍増します。

自転車ロード・レースの場合には「高速」で走るので風圧を強く受けます。
時速40kmで走るのは、毎秒11mの強い逆風の中を走ることと同じことです。

その風圧にどうやって立ち向かうかが、ロード・レース競技の大きなポイントになります。

しかし、前を走る選手の車輪に接するように走れば、風圧の影響は大幅に
(1/10 とも半分とも言われるほど)減少します。
そこで選手は、通常は集団の中で、一人で風を受けることの無いように走ります。

集団で走っている場合、先頭の選手が入れ替わるのは、
風圧の負担を交互に受けるためです。これを先頭交代といいます。


こんなことをちょっと知っているだけで
ツールド北海道を楽しく観戦することが出来ますね♪


初秋の北海道に行くならツールド北海道
スケジュールをあわせてみるのもいいですね!




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26427071
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。